ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【レシピ】オレンジ二色ゼリー | main | 【レシピ】クリィミィ・ポテトグラタン。 >>
2014.09.11 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.06.15 Wednesday

友人の結婚式。

先週末は、英語の先生で友人のJの結婚式でした。
前日は雨が降りしきる寒い日でしたが、結婚式当日は何とか晴れ間も見え、予定通りガーデンパーティーが行われました。


結婚式会場のRedstone Inn

今回の結婚式は、セレモニー以外はとってもカジュアルでした。
おそらくJの家族と夫になるDの家族の宗教が違うからだと思われます。


セレモニーはここで。奥はガーデンパーティ用の大テント。

さて、セレモニー。
私はブライズメイドを仰せつかっていたので、J指定のノースリーブのブラックドレスに青いショールで参列。
そのブライズメイドですが、今回は私を含めて5人の女性が新婦側に参列しました。
一方、新郎側にはアッシャーと呼ばれる男性がブライズメイドと同じ人数で参列します。
セレモニーが終了して新郎新婦退場の時、アッシャーと共に腕を組んで退場すればブライズメイドの仕事は終了。
もともとは、結婚するカップルを悪霊から守るために、カップルと同年代の人に同じ様な服装で付き添わせたことがその由来とされているそうです。(詳細はこちら)
あああ、旦那がいればその時の写真を撮ってもらえたのに〜。

ちなみにセレモニーの最中に「ママーっ!」とチビが駆け寄って来たのはお約束ですな。(母は恥ずかしかったよーん……涙)


テント内部。広すぎて全部収まりませんでした。

セレモニー終了後は、食前酒を飲みながらダラダラとディナーを待ちます。
今回の招待客は何と総勢200人以上。
よってディナーもアメリカ料理とネパール料理(ベジタリアン向け)のバフェ形式。
服装もフォーマルの人もいればTシャツにジーンズの人もいます。


新郎新婦もごちゃ混ぜでのディナー風景。

ディナー中も日本の披露宴のように偉い人の挨拶や歌など一切ありません。
キャンドルサービスもお色直しもありません。超シンプル。
時々、新郎新婦の友人や家族のスピーチがあるぐらい。
唯一盛り上がったシーンは、新婦が新郎にケーキを食べさせてあげる時だけでした。(ケーキカットも気づいたら終わっていました)

私はこの時に会場を後にしたので、以後延々と続いたであろうダンスパーティの様子は分りませんが、きっと盛り上がったことでしょう〜。


J友人作のケーキ達。ウマウマでした。

いやー、何もかも初めての経験だったので緊張しましたわ。
旦那がいてくれたら、もう少しリラックスできたのになぁ。
でもまた結婚式には出席してみたい!
いろんな意味で面白かったです。


ウェディングカップルはお似合いで幸せ一杯♪
これから2週間かけてブラジルへ新婚旅行です。
お幸せに〜!!!
2014.09.11 Thursday

スポンサーサイト

コメント
ベジタリアン用料理なんて用意する必要があるってのが、目から鱗でした。
処変わればって奴ですね〜
  • 赤神
  • 2005.06.16 Thursday 10:21
>赤神さん

そうなんですよ〜
ベジタリアン用のメニューが無いレストランは
アメリカでは有り得ないぐらい。
こんな個人のパーティでも必ず用意されます。
ホント、ところ変ればですよねぇ。
  • MIN@管理人
  • 2005.06.16 Thursday 11:16
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR